クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金が閣議決定!

11月26日に閣議決定された令和3年度補正予算案に、電気自動車・プラグインハイブリッド車・燃料電池自動車の導入と、それらの普及に不可欠な充電・水素充てんインフラの整備を支援する補助金が盛り込まれました。

これらの補助金は、2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、環境性能に優れ、災害時にも非常用電源として活用可能な車両について、需要創出及び車両価格の低減を促すと同時に、車両の普及と表裏一体にある充電・水素充てんインフラの整備を全国各地で進めることを目的としています。

ちゅん太郎
ちゅん太郎

最近カーボンニュートラルに向けて電気自動車などが注目されているね。

さわっち
さわっち

そうなんだ。政府も政策面からの後押しを積極的に行っているんだ。

先月11月26日には令和3年度補正予算案としてクリーンエネルギー自動車を購入する人や、充電などのインフラ整備を行う事業者に対する補助金支援を発表したんだ。

さわっち
さわっち

補助金を受ける対象は大きく3つ
①クリーンエネルギー自動車を導入する個人、法人
②充電インフラ整備行う事業者
③水素充てんインフラ整備を行う事業者

総額で375億円の予算規模になるんだ。

ちゅん太郎
ちゅん太郎

クリーンエネネルギーを利用する人だけでなく、クリーンエネルギーの普及促進に携わる人にも支援するってことだね。

さわっち
さわっち

まずは「①クリーンエネルギー自動車を導入する個人、法人」の概要から見て行こう。

概要

電気自動車・プラグインハイブリッド車・燃料電池自動車の導入補助事業

補助対象:電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車の購入費の一部

対象車両・グレード:車種 
*今後も随時、各メーカーからの新車発表等に応じて、外部審査会の審査を経て追加されます。

開始時期:令和3年11月26日以降に新車新規登録又は新車新規検査届出された自動車 

補助対象者:対象車を購入する個人、法人、地方公共団体等

ちゅん太郎
ちゅん太郎

これはクリーンエネルギー自動車を購入した人が対象ってことだね。

さわっち
さわっち

政府は、2035年までの乗用車新車販売で電動車100%とする目標の実現に向け、クリーンエネルギー自動車の普及を促進するんだ。

さわっち
さわっち

補助金額はこちら!

補助上限額:

・電気自動車(軽自動車除く):上限60万円
・軽電気自動車:上限40万円
・プラグインハイブリッド車:上限40万円
・燃料電池自動車:上限225万円
・超小型モビリティ;定額20万円(個人)、定額30万円(サービスユース)

さわっち
さわっち

また、一定の条件を満たす場合、補助金の上限の引き上げがあるんだ。それがこれだ。

《条件》下記、条件A又はBを満たす場合
 A.車載コンセント(1500W/AC100V)から電力を取り出せる給電機能がある車両
 B.外部給電器やV2H 充放電設備を経由して電力を取り出すことができる車両

この条件を満たすと、補助金の上限が引き上がります。

・電気自動車(軽自動車除く):上限80万円
・軽電気自動車:上限50万円
・プラグインハイブリッド車:上限50万円
・燃料電池自動車:上限250万円
・超小型モビリティ;定額30万円(個人)、定額40万円(サービスユース)

ちゅん太郎
ちゅん太郎

性能が高いものには、より高い補助金をつけるってことだね。

さわっち
さわっち

最後に、「災害時にはクリーンエネルギー自動車を非常用電源として利用させてくださいね」と協力も呼びかけている。

災害時等における協力
電気自動車や燃料電池自動車等は外部給電機能を備えている場合、災害時には非常用電源として活用することができます。

地域で災害等が生じた場合、可能な範囲で給電活動等に協力いただく可能性があるとされています。

さわっち
さわっち

長くなるので、今日はここまで。
次回は補助金対象者である「②充電インフラ整備行う事業者」を見ていく。

Classical Taste ホームへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。